不羈奔放 ~ふきほんぽう~

旅のこと、マイルのこと、あれやこれやを綴るブログ

ドルフィンスイムを存分に楽しむために持っていくべき持ち物 【日本国内で野生のイルカと一緒に泳げる場所、御蔵島】

イルカと泳ぎたい!イルカを間近で見てみたい!
f:id:karin_karanashi:20170502184840j:plain

そう思う人はけっこういるのではないでしょうか。

もちろん、水族館や触れ合い施設などへ行けば簡単にイルカに会えます。

海でイルカと泳ぐことが出来るのは海外だけと思っている人もまだ多いと思います。



しかし!


国内でしかも関東で野生のイルカと泳げちゃう場所があるんです!
そんな素敵な場所、御蔵島について今回お話します。
そして、楽しむために必要な持ち物を紹介します。

目次

御蔵島ってどこにあるの?

タイトルにもある御蔵島(みくらじま)にカリンは行ってきました。
そもそも御蔵島ってどこ?
そう思っている方は多いと思います。

都道府県でいうと東京都!! 東京都御蔵島村になります。


地図でいうと
f:id:karin_karanashi:20170502182058p:plain


もう少しアップにすると
f:id:karin_karanashi:20170502182129p:plain

三宅島や八丈島の間にある島です。



行くにはどうしたらいいの?

夜、竹芝客船ターミナルから東海汽船(予約制)に乗船⇒朝、御蔵島に到着します。
日帰りできない島なので事前に宿泊予約が必要であり、とても小さい島のため宿泊施設は少ないです。


イルカと泳ぐドルフィンスイムツアーを行っているショップでは乗船予約と宿泊予約を代行してくれる所あります。
ショップごとにプランや特典が違うので比較して見るのも楽しいです。


ドルフィンスイムはシーズンが決まっていて、4月末~10月末です。
大型連休(GW・夏休み)や土日祝は混みます。人が多いとイルカの遊びスイッチは入りにくいみたいです。
出来るならばこの時期を外した平日に行くことをおススメします。



ドルフィンスイムの魅力

これは言葉にして説明するのは難しいですね。
野生のイルカ相手なので、触ったり餌をあげたりすることは禁止です。
近寄ってくれたり一緒に遊んでくれるかどうかもイルカの気分次第です。


じゃあ、何が楽しいの?と思われるかもしれません。


一緒に泳げた時の一体感
行っちゃった。。と思わせてからのUターンしてくるツンデレ
顔ギリギリをすり抜けていく手が届きそうで届かない感(気持ちの問題)


うまく遊ばれてます(笑)
ただ、ものすごく楽しいことだけはたしかです!
そして、一度味わうとハマる人続出です!



御蔵島とドルフィンスイムを存分に楽しむための必需品

一度行ったら虜になっちゃうこと間違いなしのドルフィンスイムですが、
カリン的持っていくべき持ち物がいくつかあります。
順に紹介していきます。


〇酔い止め
f:id:karin_karanashi:20170502235123j:plain
私のおススメはこの「アネロン ニスキャップ」です。


普段から酔う人酔わない人関係なく、酔い止めは必須です。
なぜなら、東海汽船がよく揺れる・ドルフィンスイムのボートもよく揺れる・ドルフィンスイム中も波によく揺られると揺れる3拍子が揃っていて普段酔わない人でも酔う可能性高いです。(一緒のグループの人も普段酔わないのに酔っていました)


ちなみに、私カリンは船が激ヨワです。遊覧船でも5分としないうちに酔い始めます。。そんな私でも帰るまで一度も酔うことなく、ドルフィンスイムを満喫できたのはこのアネロンのおかげです。
ネットで評判良かったけれど、まさかここまで効いてくれるとは思わなかったです。ちょっとコワいくらい(笑)
絶対酔いたくない人は試してみる価値はあるかと思います。



〇スイムタオル(吸水タオル)
海に入るのでタオルを持ち物リストには入れると思いますが、スイムタオルを持っていくことをおススメします。
普通のタオルは、行きは軽いですが帰りの水分を含んだタオルの重いこと重いこと。
スイムタオルは、軽い・薄い・小さいの某牛丼屋のキャッチコピーみたいな優れ物。
荷物はできるだけ少なく軽いしたいですからね。



〇現金
わざわざ書くこと?と思われるかもしれませんが、御蔵島では基本現金払いです。
クレジットカードが使える場所は「ヘリポート」と「ふくまる商店」のみです。
その他の食堂や商店は現金しか使えません。
ご飯を食べたり、お土産を買うために必要な現金を持って行ってください。



〇到着日の朝食
東海汽船御蔵島に到着するのは朝早いです。
島内のお店はまだ開いていないですし、午前中のツアーが始まる前に食べておかなければいけません。
ぜひ、夜船に乗る前に買っておいてください。



よし、足りない物をこれから買い足そうと思っているあなた!
ちょっと待ってください!


せっかく買うなら、ポイントサイトを経由して購入することおススメします。

ポイントサイトはサービスやショッピングでポイントがもらえるサイトです。
ポイントが貯まれば現金や電子マネーやマイルに交換することが出来ます。



私のおススメポイントサイトは
ちょびリッチです。

  美容系や旅行系の案件が多い。
  カラフルで見やすい。
  ちょびん君やマスコットが可愛い。


今、登録して登録月の月末までに1ポイント以上獲得すると
250円分のポイントももらえます!

ご興味あるかたはどうぞ

御蔵島のイルカ以外の魅力

ドルフィンスイム以外にも見どころがたくさんあります。
 ・御蔵島観光資料館
 ・稲根神社
 ・バイキング号記念碑
 ・タンテイロ巨樹の森


色々ありますが、ぜひナイトツアーに参加してみてください。
夜しか見られない動植物に出会えます!
特にオオミズナギドリ
この鳥のなんともせつない習性とその状態を観察してください。


それでは、ドルフィンスイムや御蔵島を楽しんでください!
いってらっしゃい